Event アムステルダム・サーキュラー
エコノミー
視察イベント開催について

概要

視察イベントは、サーキュラーエコノミーが行政・大企業・スタートアップの官民一体で主導され注目を集めているアムステルダムを舞台に開催致します。Circular Initiatives & Partnersが拠点を置くオランダの歴史的・文化的説明も交えながら、銀行 / 行政 / テクノロジー / フード / アパレル / スタートアップなど、多角的にサーキュラーエコノミー・ビジネスが推進されている背景についてご案内させていただきます。

視察イベントは2種類のプランを御用意しております。「プランA」では、2日間をかけて、オランダ在住の安居昭博が厳選する企業・プロジェクトを15ヶ所程ご案内。「プランB」では、参加される各企業様のご要望に合わせ、現地企業からのプレゼンテーションの時間やディスカッション、商談をコーディネイトさせていただきます。

「プランA」は、個々のご要望に合わせたスケジュールで随時開催、または毎月定期開催しているイベント日程で参加していただくことが可能です。最新のスケジュールと詳細は下記をご覧下さい。
Circular Initiatives&Partnersは、日本でのサーキュラーエコノミー型ビジネスモデルのより一層の普及と、日系企業とオランダ企業間におけるネットワーク構築を図る狙いがあります。密度の濃い有意義な滞在となるようなイベントをご提供させていただきます。

目的 目的

実施概要

プランA プランB
視察イベント
内容
安居が2日間で15ケ所程のサーキュラーエコノミー関連企業を厳選してご案内致します。

定期開催日程
・1月26日(日)/ 27日(月)
・2月23日(日)/ 24日(月)
・3月22日(日)/ 23日(月)

*上記定期日程以外でも随時ご案内を承りますのでご相談ください。
安居がサーキュラーエコノミー関連企業によるプレゼンテーションやディスカッション・商談の場をセッティング致します。(通訳業務を承ることも可能です。)
参加費用 8万円/人
(内訳は備考をご参照ください。)
別途ご相談
スケジュール 2日間
(ご要望に応じた日時での開催、または毎月定期開催への参加。)
別途ご相談
参加人数 最大10名 別途ご相談
応募締切 3週間前 6週間前
備考 注1:各企業からのプレゼンテーションは含まれません。(現地企業のプレゼンテーションやディスカッションをご希望の方は、別途プランBでご相談ください。)

注2:こちらの参加費用には事前スケジューリング費、現地アテンド費が含まれます。渡航費、宿泊費、現地交通費、食費は含まれません。

注3:参加費用のお振り込みは実施2週間前までにお願い致します
注1:こちらの基本料金には事前スケジューリング費、現地アテンド費、各企業への謝礼が含まれます。渡航費、宿泊費、現地交通費、食費は含まれません。通訳費は別途ご相談ください。

注2:一部講演 / 案内依頼費用が別途必要な視察企業がございますので、個別にご希望に合わせたプランを調整させていただきたいと思います。

注3:参加費用のお振り込みは実施2週間前までにお願い致します。
  • プランA

  • プランB

視察イベント
内容
安居が2日間で15ケ所程のサーキュラーエコノミー関連企業を厳選してご案内致します。

定期開催日程
・1月26日(日)/ 27日(月)
・2月23日(日)/ 24日(月)
・3月22日(日)/ 23日(月)

*上記定期日程以外でも随時ご案内を承りますのでご相談ください。
参加費用
8万円/人
(内訳は備考をご参照ください。)
スケジュール
2日間
(ご要望に応じた日時での開催、または毎月定期開催への参加。)
参加人数
最大10名
応募締切
3週間前
備考
注1:各企業からのプレゼンテーションは含まれません。(現地企業のプレゼンテーションやディスカッションをご希望の方は、別途プランBでご相談ください。)

注2:こちらの参加費用には事前スケジューリング費、現地アテンド費が含まれます。渡航費、宿泊費、現地交通費、食費は含まれません。

注3:参加費用のお振り込みは実施2週間前までにお願い致します
視察イベント
内容
安居がサーキュラーエコノミー関連企業によるプレゼンテーションやディスカッション・商談の場をセッティング致します。(通訳業務を承ることも可能です。)
スケジュール
別途ご相談
参加人数
別途ご相談
参加費用
別途ご相談
応募締切
6週間前
備考
注1:こちらの基本料金には事前スケジューリング費、現地アテンド費、各企業への謝礼が含まれます。渡航費、宿泊費、現地交通費、食費は含まれません。通訳費は別途ご相談ください。

注2:一部講演 / 案内依頼費用が別途必要な視察企業がございますので、個別にご希望に合わせたプランを調整させていただきたいと思います。

注3:参加費用のお振り込みは実施2週間前までにお願い致します。

オプションプラン
『SDGネットワーキング・ディナー』

アムステルダム滞在期間中には、安居がアムステルダムの起業家向けに定期開催している「SDGネットワーキング・ディナー」へオプションで参加していただくこともできます。毎回、サスティナブル・ビジネスに取り組むオランダ国内外の若者が15名ほど手料理を持ち寄り集まります。参加希望者3名以上で、滞在日程中に開催させていただきます。参加希望の方は、お申し込みの際にお伝えください。(標準的な英会話能力が必要になります。)

SDGネットワーキングディナー

※プランAをご希望の方は、下記の直行便(東京 - アムステルダム・KLMオランダ航空)がございます。

土曜日
東京発
アムステルダム着
日〜月曜日
アムステルダム滞在
火曜日
アムステルダム発
(水曜日)東京着

視察企業例

CIRCL

オランダ三大メガバンクの一つABN AMROがサーキュラーエコノミーを推進する複合施設として本社に隣接してオープンしたのがCIRCLです。建設の段階から地域の中で廃棄される建築廃材を積極的に使用する「アーバン・マイン二ング」が取り入れられ、旧フィリップス社で使用されていた建材や、従業員の旧型ユニフォームで作られた防音壁、使用済み木材のフロア等が施されています。
従来関係の薄かった銀行と市民を、サーキュラーエコノミーを軸に繋ぐスペースとしても機能し、各種イベントやワークショップ、ネットワーキングからサルサやヨガの教室、アートギャラリーも開催されています。ABN AMROはメガバンクでは珍しく、既に軍事産業と原子力業界への投資・融資をやめるダイベストメントを行なっており、オランダ国内のサーキュラーエコノミー事業をサポートする銀行として注目を集めています。

 



 

安居・執筆記事:『銀行が造った、革新的な複合施設。アムステルダム市民が集う「CIRCL」』

MUD Jeans

MUD Jeansは、「購入する代わりにリースをする」世界初のサーキュラーエコノミー・ジーンズを開発した、アムステルダムで現在最も注目を集めているスタートアップの一つです。2012年に同社を創業したBert van Son氏は急騰するオーガニック・コットンの価格を受け、従来のような「常に新しい資源の購入に頼ったビジネスモデルでは先がない」と見込み、サーキュラーエコノミーをビジネスモデルに取り込みました。これまでに80,000万本以上がリース・販売されました。

 

 

安居・執筆記事:MUD JEANS, the World’s First “Circular Economy Jeans” 世界初「購入する代わりにリースをする」サーキュラーエコノミー・エシカルジーンズ

Fashion for Good

Fashion for Goodは2018年にオープンした世界初の体験型エシカルファッションの複合施設です。3フロアに分かれた体験型の展示を通じてファッション業界の最先端の取り組みを学ぼうと世界各国から視察が訪れています。

 

産業革命以降、現在までのファッション業界の歴史を振り返る<過去>のフロア、既に市場で支持を集めているサスティナブルブランドのラインナップを紹介する<現在>のフロア、そして現在技術的には確立されており今後数年以内に市場投入が見込まれている商品や最新テクノロジーを紹介する<未来>のフロア。

 

また、Fashion for Goodはアディダスやステラ・マッカートニーといったグローバル企業ともコラボラーションを行い、サスティナブルな取り組みを行うアパレル企業同士のマッチングを行うプラットフォームとしても機能しています。

 

Fashion for Good

 

安居・執筆記事:『未来のファッションの“Good”を探る。エシカルファッションの“ミュージアム”で、学ぶこと』

Instock

Instockはアムステルダムのレストランで、地域のスーパーマーケットと提携をする「廃棄食品レストラン」として国内外から注目を集めています。スーパーはフードロスを減らし、レストランは調達にかかるコストが大幅に抑えられるというメリットがあります。また、このレストランで働くシェフは皆経験を積んだ一流のシェフで、彼らのランチやディナーが格安で楽しめることも人気を集める秘訣となっております。2014年に創業し、わずか4年のうちにアムステルダム、ハーグ、ユトレヒトに出店をし、急速に人気を集めています。

 

 

安居・執筆記事:INSTOCK Turns Rescued Food into Delicious Meals 一流シェフが腕をふるう「廃棄食品レストラン」

Impact Hub Amsterdam

Impact Hub Amsterdamはサスティナビリティ分野のプロジェクトだけが入居できるシェアオフィス・コワーキングスペースです。SDG House / KITと呼ばれる、オランダ政府とアムステルダム市の行政機関と民間企業が連携してサスティナビリティを進める総合施設の中に位置し、現在50を超える団体が同施設を拠点にしています。Impact Hub Amsterdamがパートナーシップを結んでいる団体には、欧州委員会やアクセンチュア、PwCなどがあり、アムステルダムでサーキュラーエコノミーを促進する新規ビジネスが生まれる土壌の役割を果たしています。

 

Circular Initiatives&PartnersとRIDE MEDIA&DESIGN(株)は施設内にオフィスを構えているため、通常会員だけが利用できる施設をご案内することが可能です。また、70名ほど収容できるイベントスペースのレンタル、イベント開催をお手伝いすることも可能です。

 

ImpactHub

ImpactHub

 

安居・執筆記事:『サスティナブルなコワーキングスペース「Impact Hub Amsterdam」』

ツアー参加者の声

RIDE MEDIA&DESIGN株式会社 様

アムステルダムを訪れての感想は「百聞は一見にしかず」でした。訪問先の一つでもある「CIRCL」は、運営者であるメガバンク「ABN AMRO」のサーキュラーエコノミーに対する本気度が伝わってくる複合施設です。施設の立地状況やプロダクトの完成度の高さは、実際に訪れないと素晴らしさを感じられないかもしれません。また、安居さんの自宅で行われた「SDGネットワーキング・ディナー」では、サスティナブルなビジネスに取り組む若者たちと、とても有意義な時間を過ごせました。特別な活動やビジネスチャンスではなく、持続可能な社会や経済を生活の一部として捉えている参加者たちの意見や考えは印象的でした。オランダ人以外の参加者も多数でグローバルな会となりました。

株式会社阪急阪神百貨店 田中周子 様

オランダでの「サーキュラーエコノミー」について、国レベルの施策、そして企業、ショップなどの取り組みや背景を含め、単に訪れるだけではわからないことが知れたのは、安居さんにアテンドいただいたおかげでした。

 

オランダ政府が「サーキュラーエコノミー実験コミュニティ」に位置付ける「De Ceuvel」は、長年放置されていた地域において土壌浄化や循環型環境システムの構築など持続可能な社会を実現する再開発がなされ、WEBの情報だけではわからないリアルな背景を聞け、実際にアクションを見れたことは大きかったです。また、その日に手に入る廃棄食材によってメニューが提供されるレストランや量り売りオーガニックストアでは、働いている方とも話ができる場をつくっていただき現地の声も聞け、個人では体験できない貴重な機会となりました。

 

世界でも深刻な資源不足が叫ばれている中、廃棄を抑え資源の循環を図る新しい経済政策「サーキュラーエコノミー」の重要性が高まり、オランダでは国として積極的に推進しスピード感を持って進めていることが体験できた視察でした。

 

今後日本でのやり方の工夫、会社、個人として、どう取り組んでいけるのか、それぞれのやり方を模索しながら仕事に繋げていきたいと考えています。

IDEAS FOR GOOD 編集長/ハーチ株式会社代表取締役 加藤佑 様

循環型経済の先進都市であるアムステルダムの取り組みを効率的に幅広く知ることができるとても有意義な滞在でした。安居さんが現地で時間をかけて丁寧に築かれてきたネットワークを惜しみなく活かして多くのプロジェクトやイニシアチブを回ってくださったので、本当に感謝しています。また、なぜアムステルダムが循環型経済の先進地になれたのか、その歴史的・文化的背景についても色々と教えてくださり、とても勉強になりました。視察に参加することで、循環型経済の推進に向けて日本「でも」できること、日本「にしか」できないことがより解像度高く見えるようになります。とてもおすすめです。

Circular Initiatives & Partners

Privacy Policy 個人情報保護方針

Circular Initiatives & Partners(以下「当社」)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下「本サービス」)における
プライバシー情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の管理

当社では、個人情報の漏洩、滅失、破棄損などの防止のために、法令、ガイドラインおよび弊社の内部規則に従い、適切な安全管理策を施し、保有する個人情報の保護に努めます。
また、従業員に対しても個人情報の適切な取り扱い等についての教育を行い、その保護に万全を期するよう努めます。当社では、個人情報を管理する責任部門に個人情報管理責任者を配置し、以下の者が個人情報の適切な管理を指導しています。

個人情報管理責任者
RIDE MEDIA & DESIGN 株式会社
東京都目黒区中目黒1-3-3アーバンリゾート代官山 6F・7F
酒井 新悟

個人情報の利用目的

ご本人からお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

ご本人に対しては、いつくかの項目をお尋ねした後、ご本人であることが確認された場合のみ開示させて頂きます。弊社は、登録いただいたご本人の事前の了承なく第三者に開示することはございません。但し、次のような場合には個人情報を開示することがございます。

(1)  情報開示や共有について本人の同意がある場合
(2)  裁判所や警察などの公的機関から、法的な手続きに基づき、開示を求められた場合
(3)  本人が第三者に不利益を及ぼすと判断された場合

2016年11月1日発効
RIDE MEDIA & DESIGN 株式会社

個人情報の安全対策

ご本人に対しては、いつくかの項目をお尋ねした後、ご本人であることが確認された場合のみ開示させて頂きます。弊社は、登録いただいたご本人の事前の了承なく第三者に開示することはございません。但し、次のような場合には個人情報を開示することがございます。

(1)  情報開示や共有について本人の同意がある場合
(2)  裁判所や警察などの公的機関から、法的な手続きに基づき、開示を求められた場合
(3)  本人が第三者に不利益を及ぼすと判断された場合

2016年11月1日発効
RIDE MEDIA & DESIGN 株式会社

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
RIDE MEDIA & DESIGN 株式会社
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-3-3アーバンリゾート代官山 6F・7F
TEL:03-6451-0341 FAX:03-6451-0342

Close
facebook facebook WEAR_ロゴ